白血病の原因細胞の識別

白血病の原因細胞の識別

大人に多い血液のがん=「急性骨髄性白血病」は、特殊な細胞が体内で次々とがんを作り出すため治療しても再発することが多い病気ですが、理化学研究所などのグループが、病気の原因となる特殊な細胞だけを見つけ出すことに初めて成功し、白血病の根本的な治療法の開発につながると期待されています。

この研究を行ったのは横浜市の理化学研究所などのグループです。グループでは、大人に多い血液のがん=急性骨髄性白血病で患者が再発するのは、「白血病幹細胞」と呼ばれる特殊な細胞が体内でがん細胞を次々と作り出す仕組みにあることを突き止め、この細胞を詳しく調べました。その結果、白血病幹細胞の表面などには特有のたんぱく質があることがわかり、初めて正常な細胞と見分けることができるようになったということです。グループでは、これらのたんぱく質を目印に白血病幹細胞だけを攻撃する新たな抗がん剤を開発できれば、再発を防ぎ病気を根本的に治療することも可能だとしています。研究を行った理化学研究所の石川文彦さんは「病気の原因となる幹細胞を狙い撃ちできる新しい抗がん剤が開発できれば、正常な細胞は攻撃されないため、副作用を少なくしつつ再発を防ぐことができるようになると思う」と話しています。この研究成果は、アメリカの科学雑誌「サイエンストランスレーショナルメディシン」に掲載されます。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん拠点病院の空白地域増加 »
« がん保険:手術前入院、保険金支払われず 約款あいまい