病気腎移植問題、元患者が賠償提訴へ…「がん誤診で摘出」

病気腎移植問題、元患者が賠償提訴へ…「がん誤診で摘出」

備前市を相手に
 病気腎移植問題に絡み、がんではない腎臓を摘出され、精神的苦痛を受けたなどとして、岡山県備前市の市立病院で万波廉介医師(64)の手術を受けた県内の女性(73)が市を相手に、約3700万円の損害賠償を求める訴えを近く岡山地裁に起こす。この問題で、病院側が提訴されるのは初めて。

 訴状によると、女性は2006年7月、備前市立吉永病院で、万波医師から「九分九厘、腎臓がん」と診断され、経過観察など摘出以外の選択肢について説明のないまま左腎臓を摘出された。実際は腎臓の一部が石灰化した腎のう胞で、手術4日後に万波医師から「摘出した腎臓は良性だった。透析患者に移植され、正常に機能し始めた」と知らされ、そのことが元で重度のうつ病になった、としている。そのうえで「コンピューター断層撮影法(CT)のみでがんと誤診し、摘出手術を行った病院の過失は明らか」と主張している。

 取材に対し、病院側は「腎臓は、病理検査のために摘出せざるをえない状況だった。元に戻すことは不可能。万波医師には全幅の信頼を寄せており、誤診ではないと確信している。万波医師は腎臓を移植に使うということを患者に説明したと言っている」としている。

 病気腎移植を巡っては、厚生労働省が07年7月、臓器移植法の運用指針を改正して、臨床研究以外は原則禁止した。宇和島徳洲会病院(愛媛県宇和島市)は09年12月から、研究として病気腎移植を再開している。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


医療事故:動脈傷付け女性死亡 愛知県がんセンター »
« 手術ミスで患者死亡 愛知県がんセンター、肺動脈傷つけ