山本病院事件:不要ながん治療や検査繰り返す 死亡患者に

山本病院事件:不要ながん治療や検査繰り返す 死亡患者に

奈良県大和郡山市の医療法人雄山会「山本病院」で肝臓手術を受けた男性患者(当時51歳)が死亡した事件で、業務上過失致死容疑で逮捕された理事長で医師の山本文夫容疑者(52)と医師の塚本泰彦容疑者(54)が、問題の手術の直前に不要とみられる別のがん治療をしていたことが病院関係者への取材で分かった。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


手術した腫瘍は検査で「良性」 容態急変後に一時逃走の疑いも 山本病院事件 »
« 大腸がん 内視鏡検査で早期発見