浅野前知事:白血病で骨髄移植手術を終え退院 /宮城

浅野前知事:白血病で骨髄移植手術を終え退院 /宮城

成人T細胞白血病(ATL)で入院していた浅野史郎前知事(61)が骨髄移植手術を受け、退院した。浅野氏は現在、横浜市の自宅で療養しており、毎日新聞の取材に対し、6日、「一区切りついてほっとしている」と語った。

 退院は3日。浅野氏は09年6月に東京都内の病院に入院し、ドナー(骨髄液提供者)が見つかったため、同年中に国立がんセンターで移植手術を行っていた。退院後も自宅からの外出は制限されているという。浅野氏は「最大で1年は療養すると思う」と語った。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


元主治医「指示に逆らえずがんの疑いと記入」…山本病院事件 »
« 新・がん50人の勇気 [著]柳田邦男