乳がん・子宮がん:女性に受診を啓発 人形を使い自己検診法--高松 /香川

乳がん・子宮がん:女性に受診を啓発 人形を使い自己検診法--高松 /香川

乳がんや子宮がん検診受診の啓発など、女性の健康を支援するイベント「女性のためのスマイルハンズ&ハート」(県主催)が6日、高松市香西本町のイオン高松ショッピングセンターであった。

 人形を使って乳がんの自己検診法を学んだり、乳がん患者のマンモグラフィー(乳房のレントゲン写真)を見たりするコーナーなどがあり、主に対象となる20~30歳代の女性らが買い物の足を止め、興味深そうに説明を受けていた。

 子宮がん細胞を顕微鏡で見ていた高松市の女性(39)は「どのようなものかを実際に見て、検診を受けようという意識が高まりました」と話した。

 7日は午前11時から午後6時まで、40歳以上の女性を対象にした健康測定や健康相談を実施する。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


リレーで生きる力を がん患者支援へ24時間 »
« 大豆などイソフラボンの摂取で「肺がんリスク」軽減‐たばこをすったことのない男性