大豆などイソフラボンの摂取で「肺がんリスク」軽減‐たばこをすったことのない男性

大豆などイソフラボンの摂取で「肺がんリスク」軽減‐たばこをすったことのない男性

厚生労働省研究班の大規模な追跡調査でたばこを吸った経験が無く、豆腐や納豆など大豆製品に含まれる「イソフラボン」を多く摂取する男性は肺がんを発症する危険性が低いことが明らかになった。

 研究班の島津太一・国立がんセンター研究員は全国9地域で45‐74歳の約7万6,000人を対象に平均11年間追跡した。この間に男性約3万6,000人中481人、女性約4万人中178人が肺がんになった。

 みそ汁や豆腐を食べる頻度をもとにイソフラボンの一種「ゲニステイン」摂取量を推定し、多い順に4グループに分類して摂取量と肺がんリスクの関連を調べた。男性のうち、非喫煙者にかぎり、イソフラボン摂取量が最も多いグループ(豆腐換算で1日約203グラム)の発症率は、最も少ないグループ(同約37グラム)の43%だった。

 たばこを吸う人は、たばこの影響が大きく差が見られず、女性は大豆製品を食べる人の方が肺がんリスクは低い傾向にあるが統計的に有意な差は出なかった。

 女性ホルモンと構造が似ているイソフラボンの摂取が肺がん発症に影響するか注目されているが厚生労働省・食品安全委員会は「現在までに入手可能なヒト試験に基づく知見では、大豆イソフラボンの摂取が女性における乳がん発症の増加に直接関連しているとの報告はない」と語っている。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


乳がん・子宮がん:女性に受診を啓発 人形を使い自己検診法--高松 /香川 »
« 「もうかる」と元理事長が誘う 奈良の患者死亡事件