「肝臓がん、もうかる」主治医に指示か 奈良・山本病院

「肝臓がん、もうかる」主治医に指示か 奈良・山本病院

奈良県大和郡山市の医療法人雄山会「山本病院」(破産手続き中)をめぐる業務上過失致死容疑事件で、手術ミスにより失血死した男性入院患者(当時51)の主治医の塚本泰彦容疑者(54)が、奈良県警に対し、前法人理事長で執刀医の山本文夫容疑者(52)から「もうかるから、肝臓がんということにして手術しようと指示された」と供述していることがわかった。県警は山本容疑者が多額の診療報酬を得る目的で肝臓手術を強行したが、経験も技術もないため失敗したとみている。

 県警によると、山本容疑者は大量出血した患者を放置して手術室を離れて連絡が取れなくなり、残された看護師が輸血用の血液を取り寄せるなど不適切な手術の実態も判明したという。

 捜査関係者によると、患者は2006年1月10日、慢性肝炎の疑いで大阪府の病院から山本病院に転院。山本容疑者は男性の肝臓について「異常なし」と診断していた。

 塚本容疑者は勤務医として3月30日に山本病院に着任し、患者の主治医になった。直後に、山本容疑者から「悪性のがんということにして手術しよう」などと指示されたという。肝臓の切除手術の診療報酬は約100万円と、山本容疑者が専門としている心臓カテーテル手術より高額だった。

 4月初め、放射線担当勤務医が患者の肝臓を腹部造影CT(コンピューター断層撮影)で検査。腫瘍(しゅよう)が見つかったが、毛細血管が増殖したもので、良性の「肝血管腫」と診断した。塚本容疑者も腫瘍が良性と認識していたが、病院を辞めさせられることを恐れて、肝臓がんでの手術に同意。患者に「肝細胞がんの疑い」と告知したという。

 塚本容疑者は5月ごろから再三、患者に手術の同意を求めた。当時の患者の日記によると、患者は「切られるのが嫌だ。手術より薬でとお願いした」が、「小さながんだから、手術すれば命を脅かすことはない」「体力がある今のうちに手術したほうがいい」「大丈夫。信用してくれ」などと押し切られたという。

 県警によると、山本、塚本の両容疑者は6月16日午前10時過ぎ、肝臓の手術を開始。血管の多い肝臓の手術は出血を招きやすいとされ、麻酔医を含む7、8人のスタッフで実施し、十分な輸血用血液が必要とされる。しかし、山本容疑者が麻酔医を兼務し、看護師2人を付き添わせた4人態勢で手術に取り組み、輸血用血液を全く準備していなかった。両容疑者が肝臓手術するのは初めてだったという。

 捜査関係者によると、山本容疑者は超音波の振動で腫瘍を破壊しながら吸い取る最新機器をレンタルして臨んだが、手術から約3時間半後、患者の肝静脈を傷つけて大量出血させた。しかし、山本容疑者は簡単な止血措置をしただけで手術室から姿を消した。看護師が電話をかけたが反応がなく、戻ってこなかったという。

 出血が止まらず、看護師は市内の赤十字血液センターから急きょ輸血用血液を取り寄せ、心臓マッサージをしたが、患者は午後3時39分に死亡した。

     ◇

 県警は7日、山本容疑者らを奈良地検に送検。山本容疑者は調べに対して、「肝臓がんだと思い、手術をしました。塚本(容疑者)が診断したのでがんだと信じていました」と述べ、塚本容疑者の供述を否定しているという。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


山本病院:「肝臓がん、もうかる」理事長、手術持ちかけ »
« 奈良・山本病院の業過致死:「肝臓がん、もうかる」 山本理事長、手術持ちかけ