患者、家族への支援策考える 塩谷でがん対策講演会

患者、家族への支援策考える 塩谷でがん対策講演会

町と国立がんセンターがん対策情報センターはこのほど、船生コミュニティセンターで「がんと健康に関する講演会」を開いた。

 講演に先立ち同センターが、昨年船生地区で実施した健康とがんに関する意識調査結果を説明。同地区の特徴的なデータとして、医療機関とのつながりが薄い傾向にあり、医療の地域格差を指摘する回答が多かったことが報告された。

 講演では県立がんセンターの清水秀昭病院長が国や県のがん対策の状況や病院の役割、取り組みについて説明。その上で、周囲の人たちががん患者や家族に共感しながら寄り添っていくことの大切さなどを訴えた。

 このほか、がん電話情報センターの橋本明子さん、国際医療福祉大塩谷病院訪問看護ステーションの大塚明子さんが、電話相談や訪問介護の経験から支援の在り方について講演した

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん闘病24歳 命かけ次女出産、遺族らブログ本出版から7か月 »
« 益田赤十字病院:がん拠点指定外へ 機器整備など、指定要件満たせず /島根