肝臓の背中側腫瘍、腹側から切除 元理事長、不適切な手術

肝臓の背中側腫瘍、腹側から切除 元理事長、不適切な手術

奈良県大和郡山市の医療法人雄山会「山本病院」(破産手続き中)で肝臓手術を受けた男性患者=当時(51)=が死亡した事件で、執刀医だった元理事長山本文夫容疑者(52)=業務上過失致死容疑で逮捕=が肝臓の背中側にある腫瘍を腹側から切除するなど不適切な手術をしていたことが10日、捜査関係者への取材で分かった。

 背中側に腫瘍がある場合は肝臓を裏返してから切除する必要があり、県警は専門知識や手術の経験がなかったことを裏付ける事実とみている。

 捜査関係者によると、男性の腫瘍は肝臓の背中側上部に見つかった。通常、この位置の場合、大きく開腹し、肝臓を裏返す「脱転法」で肝臓の背中側から切除するが、山本容疑者は開腹後、腹側から切除していた。

 また、肝臓手術は血管をクリップで留めるなどして止血しながら進められるが、山本容疑者や元勤務医塚本泰彦容疑者(54)=同容疑で逮捕=はこうした止血処置をしていなかった。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


乳がん治療、抗うつ剤併用にリスク »
« 「これは、がんや」=検査前に手術決定か-山本病院事件・奈良県警