がん患者支援イベント 10月に松山で初開催

がん患者支援イベント 10月に松山で初開催

がん患者と家族、支援者らが交代で24時間歩き続け、がんへの理解と支援を訴えるイベント「リレー・フォー・ライフ」(RFL、命のリレー)が10月9~10日、愛媛で初めて開催されることが決まり、今月8日、実行委員会(世話人代表=久野梧郎・日本対がん協会県支部長)が正式発足した。参加チームやボランティアスタッフを募集している。
 RFLは1985年に米国で始まり、現在全米約5000カ所、世界約20カ国で開催。患者らが交代でたすきをリレーしながら歩く「24時間リレーウオーク」や、メッセージを書いた紙袋の中にろうそくをともして故人をしのぶ「ルミナリエ」など多彩なイベントを通じて励まし、支え合う。がん撲滅のための寄付も募る。
 日本では2006年、茨城県つくば市で初開催。今年は愛媛や沖縄、高知など約20カ所で開かれる予定。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


山本病院:看護師「機転」物証に 放置腫瘍を検査に »
« 赤ワインとチョコレートにがん細胞の血管新生阻害作用、米研究