協定:県とアフラック、がん検診受診促進で締結 /栃木

協定:県とアフラック、がん検診受診促進で締結 /栃木

県とアフラック(アメリカンファミリー生命保険会社)は12日、「県がん検診受診促進プロジェクト」の協定を締結した。アフラックは県内の販売代理店293店舗でがん検診啓発のリーフレットを配布するほか、6月には宇都宮市内で小児がんチャリティーコンサートを開き、収益を県内のがん対策団体に寄付する。

 同様の協定締結は本県で17県目。県庁であった締結式には福田富一知事と同社の大竹美喜最高顧問が出席した。福田知事は「がんによる死亡は県内の全死因の約3割に上り、このプロジェクトでがん死亡率が大いに減少することを望む」とあいさつ。大竹最高顧問は「県民のお役に立てることを誇りに思う」と語った。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


アフラックとも「がん対策」連携 県が協定締結 »
« がんの相談先、活用呼び掛け 広島・下蒲刈で講演会