白血病再発を引き起こす白血病幹細胞の抗がん剤抵抗性の原因を解明

白血病再発を引き起こす白血病幹細胞の抗がん剤抵抗性の原因を解明

成人の血液がんで知られる「急性骨髄性白血病」は、再発率が高く、再発克服・根治を目指した治療が最大の課題になっています。これまで急性骨髄性白血病には、抗がん剤の投与などで、がん細胞である白血病細胞を徹底的に死滅させ、症状を改善する寛解導入治療を行ってきました。しかし、白血病を生む白血病幹細胞を完全に死滅させることができず、それが再発の原因となっていました。

免疫・アレルギー科学総合研究センターのヒト疾患モデル研究ユニットを中心とする研究グループは、白血病根治を目指し、白血病再発の原因となる白血病幹細胞を同定し、この細胞に特異的に発現する治療標的を明らかにしてきました。今回さらに、白血病幹細胞が骨と骨髄の境界(ニッチ)にとどまって細胞周期を止めていることが、抗がん剤への抵抗性の原因であることを突き止めました。この発見に基づいて、ヒトの白血病を再現した白血病ヒト化マウスに、生理活性物質のサイトカインを投与し、止まっている細胞周期を動かしたところ、抵抗性を示していた抗がん剤治療に感受性となり、多くの白血病幹細胞が死滅することが分かりました。

これによって、実際の医療で使われているサイトカイン投与と抗がん剤治療の組み合わせで、白血病幹細胞まで標的とする、新たな白血病治療が実現する可能性が高まりました。臨床現場での豊富な知識・経験と、基礎研究に基づく細胞の詳細な解析を融合させた、21世紀の新たな治療法で白血病根治を実現できると期待されます。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


十和田市立病院緩和ケア病棟 岐路に »
« 子宮頸がんワクチン 下野市も小6対象に全額助成