フジモリ氏、舌の腫瘍切除=ペルー

フジモリ氏、舌の腫瘍切除=ペルー

【サンパウロ時事】フジモリ元ペルー大統領(71)が17日、リマ市内の医療機関で舌にできた腫瘍(しゅよう)2個の切除手術を受け、無事成功した。
 次男ケンジ氏によれば、手術は約40分間。術後の経過に問題はないが、18日まで観察を続けるという。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


乳がん治療「放射線照射ミス」提訴 »
« がん検診は誤解だらけ 何を選んでどう受ける 斎藤博著