提訴:がん治療で「乳房左右間違え」放射線照射 横浜の病院に賠償求め /神奈川

提訴:がん治療で「乳房左右間違え」放射線照射 横浜の病院に賠償求め /神奈川

◇カルテミス
 横浜南共済病院(横浜市金沢区)で乳がんの放射線治療を受けた横浜市の40代の主婦が、カルテの記載ミスで左右の乳房を間違えて照射され苦痛を受けたとして17日、病院を運営する国家公務員共済組合連合会(東京)と放射線科医師に対し、約3100万円の賠償を求めて横浜地裁に提訴した。

 訴状によると、女性は08年8月、左乳がんの放射線治療で、医師がカルテに「右」と誤記したため、正常な右乳房に16回照射され吐き気などを覚えた。誤照射量は年間許容被爆量の3万2000倍に当たる32グレイで、女性側は「長い年月を経てがんなどになる危険性が極めて高い」と主張している。

 会見した女性によると、左右どちらに照射されているのかは分からない状態で「病院側に『大したことはない』と言われ、年1度の検査も断られた。体にどんな影響があるのか不安」と話した。

 同病院は「訴状の内容が分からないのでコメントを控えたい」と話した。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん拠点病院:県、補助金を新年度から7倍に拡大 全国最低返上へ /埼玉 »
« 子宮頸がん予防のワクチン接種に補助 県内初、小6~中3対象