藤田さん、手術した食道がん患部から出血か

藤田さん、手術した食道がん患部から出血か

「てなもんや三度笠」「必殺」シリーズなど多くのドラマ、舞台、映画に主演した俳優、藤田まこと=本名・原田眞(はらだ・まこと)=さんが17日午前7時25分、大動脈からの出血のため、大阪・吹田市内の病院で亡くなった。76歳だった。

 藤田さんを突然襲い、死に至らしめた大動脈出血。東京・世田谷井上病院の井上毅一理事長は「大動脈は血液がすごい圧力で流れているので、動脈壁は大変丈夫にできています。ただ、動脈硬化が起きたりすると、壁が薄くなって出血することがある。そうなると急に胸が苦しくなり、あっという間に意識がなくなり、死に至るのです」と説明する。

 藤田さんが過去に患った食道がんや、慢性閉そく性肺疾患との因果関係はあるのか。「食道にがんができたことで患部周辺が弱くなり、さらに手術で癒着したことで弱くなっている。そこへ動脈硬化が広がって、血管が破れた可能性があります」と指摘する。

 一方、東京・新宿の高野ビルクリニックの冨名腰文人院長は、「解剖学的に治療が難しい場所。食道がんの術後ということもあり、出血が分かっていたとしても、処置ができなかったのでは」。さらに、「大動脈からの出血は動脈硬化や高血圧など色んな原因が考えられるが、やはり術後の弱った患部から出血した可能性が高い」としている。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


県の最終予算、5年ぶり9千億円台に »
« 【アメリカのがん登録】(3)社会保障番号で検索