乳がん:目黒に相談施設、来月から開設--「あけぼの会」 /東京

乳がん:目黒に相談施設、来月から開設--「あけぼの会」 /東京

乳がん患者の全国組織「あけぼの会」(事務局・目黒区)が、病院選びから治療法まで、気軽に立ち寄り相談できる「あけぼのハウス」を3月6日、目黒区東山3の大橋会館に開く。

 ハウスでは、病院選びから治療法・手術法、社会復帰まで、広く相談に乗る。電話相談を受けて15年以上のスタッフが応対し、専門医の参加も予定している。

 会によると、治療法の進化で、手術で患部をすべて摘出するか、それとも一部かなど、患者が選択する機会が増えたという。一方、院外で相談できる機関は少ないのが実情という。ワット隆子同会会長は「持っている限りの情報を伝え、良い治療になるよう、一緒に考えていきたい」と話す。

 ハウスは週1回、午前11時から午後4時まで開設。3月は6日、14日、20日、28日に開く。できるだけ事前予約してほしいという。問い合わせや予約は、同会(03・3792・1204)まで。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


イラク小児白血病支援の成果報告 現地で会議 »
« がん対策タウンミーティングに行ってきました(上)