がんサバイバーの境地

がんサバイバーの境地

 「治る希望を持つが、命に執着しない」

 これは、2007年に膵臓がんの切除手術を受けた木下義高さんの生き方の智恵です。どういうことかというと、定期的な検査や治療に関する情報収集など、治すために自分でできそうなことは頑張ってやるけれど、自分ではどうにもならないことで思い悩むことはしない、という意味だそうです。

 木下さんは、これまで3度、命の危機にさらされました。最初は20歳の時、交通事故で生死の境をさまよい、次は51歳で直腸がんの手術、その次は59歳で膵臓がんの手術です。その体験を通じ、そして多くの哲学書を読み、生き方本や闘病記を読み、たどり着いた心境でした。

 自分ではどうすることもできない未来を不安に思ってくよくよするより、今を精一杯楽しもうという、とてもポジティブな考え方です。でも、重い病気にかかったら、なかなかそうは思えないのが普通でしょうから、ここまで言い切ることのできる木下さんは、ただ者ではないと思います。

 膵臓がんの患者さんと家族がお話する会合に、私もおじゃましたことがありました。その会合にいらしていた木下さんは、他の方々にもいろいろと、がん患者としての智恵を伝授しておられました。

 「高額な新しい治療法を勧めるクリニックがあるけど、貯金をはたいてでもやってみたほうがいいのでしょうか」という人には、「高いものにはまず、いいものはないですよ」と一言。「末期で手術不能と診断された父が、すっかり治療をあきらめてしまいました。家族としては何とか治療してほしいのですが」と悩む人には、「私も再発したら、治療しないことを選ぶかもしれない。お父さんの気持ちを大事にしてあげて」と諭していました。体験者の言葉だけに、重みを感じました。

 木下さんの考え方は、ご自身のブログ「膵臓がんサバイバー(生還者)への挑戦」に詳しく載っていますので、関心のある方は、のぞいてみてくださいね。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん対策タウンミーティングに行ってきました(上) »
« 情報プラザ:がんの温熱療法「ハイパーサーミア」講演会 /大阪