「がんの指紋」を追え-DNA情報に着目した新手法

「がんの指紋」を追え-DNA情報に着目した新手法

さまざまな研究によって、がんの治療に有効な、腫瘍(しゅよう)のDNA(遺伝情報)に着目した血液検査手法が新たに開発された。これは、個人の遺伝子差異に合わせて治療を行う「テーラーメード医療」に大きな発展をもたらす成果だ。
 18日発行の米医学誌『サインエス・トランスレーショナル医療』に発表された研究報告の内容は、人間の全遺伝子コードを解読できれば、患者の治療にいかに大きな影響を直接与えることができるかを最も具体的に示す例の1つだ。これまで、遺伝子や疾病に関する膨大な情報をもたらす、新たなDNA解読技術に関する研究報告が相次いでなされてきたが、新たな治療法の開発に結びつくものはまだ存在しなかった。

 米ジョンズ・ホプキンス大学キメルがんセンターのがん生物学プログラムの共同所長で、今回の報告をまとめたビクター・ヴェルクルスク博士は「これまでがん患者にとって具体的に役立つ解読手法は報告されていなかったが、今回は初となる可能性がある」と述べた。

 全遺伝情報(ヒトゲノム)の解読にかかわる研究の多くは、遺伝子コードを形成する個々の遺伝子文字の違いを見つけ出すことを目的としている。これは、そうしたわずかな変化を見つけることによって、疾病にかかわる分子経路を特定し、薬物療法に役立てようとの考えに基づくものだ。

 一方、ジョンズ・ホプキンス大学の研究者は異なるアプローチを用いている。彼らは、乳がんまたは結腸がん患者6人から摘出した腫瘍のDNAをスキャンし、DNAのわずかな異変ではなく、腫瘍細胞のゲノムの大きな範囲にわたる遺伝子コードの「配列の乱れ」を検出した。腫瘍のDNAは正常組織のDNAと遺伝的に異なる。配列の乱れたコードはがんを特定する「指紋」ともいうべきものだ。

 この「がんの指紋」を血液検査で調べることによって、治療中の患者が完治しているか、さらに治療が必要かを確認できることが、今回の研究によって明らかになった。

 これについて、米国立ヒトゲノム研究所(NHGRI)のゲノム解読技術プログラム所長、ジェフリー・シュロス博士は「非常に賢明な(解読)技術の利用方法だ」と述べる。

 シュロス博士は、ジョンズ・ホプキンス大学の研究には携わっていないが、この新たな手法を地図になぞらえて説明してくれた。まず、1つの大きな区画に複数の家が建ち並ぶさまを思い浮かべてほしい。その区画全体が遺伝子コードで、一軒一軒の家がコードを形成する個々の遺伝子文字だとすると、ジョンズ・ホプキンス大学の研究チームはその区画、特に家の並びが通常とは異なる雑然とした区画の検出に着目した。

 ヴェルクルスク博士によると、配列の乱れ方は個々に異なるため、腫瘍の状態を把握するための格好のバイオマーカーとなる。血液検査によって、ごく小さなレベルの配列の乱れを示す証拠さえも検出できるという。これにより将来的に、初期治療を施した後の腫瘍の進行状態や、腫瘍摘出手術後の残留疾病の有無の確認などが可能になるかもしれない。そうなれば、適切な治療方法の選択ができるようになる。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


DNAの特殊変化でがん細胞を特定、米大研究 »
« がん予防条例制定へ県議検討会