27日に「公開がん講演会」 諏訪赤十字病院

27日に「公開がん講演会」 諏訪赤十字病院

諏訪赤十字病院は27日午後2時から「第3回市民公開がん講演会」を諏訪市文化センター(湖岸通り5)で開く。特別講演の講師として国立がんセンターがん予防・検診研究センター長の森山紀之さんを招くほか、がんの症例や対策について同病院の健診部長らが講演する。

 同病院によると、全国的にがん患者数が年々増加する一方で、がん検診はあまり浸透していないのが現状という。講演を通して、がんの症例や対策を知ってもらい、早期発見、早期治療のための定期的ながん検診を広めるのが目的だ。講演の合間には参加者との質疑応答の時間も設ける。

 「地域がん診療連携拠点病院」の指定を受けている同病院では、10月から4階建ての新棟を建設し、外来化学療法室と健診センターを拡張するなどの対策も進めている。

 入場無料(申し込み不要)。問い合わせは諏訪赤十字病院がん相談支援センター(電話0266・57・7502)へ。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


小児がんへの支援求めウオーキング 日比谷公園で4月24日、参加者を募集 »
« 小児がん:健康な人も加入可能に 経験者の共済保険