がんを知る全国フォーラム:徳島で、800人が参加

がんを知る全国フォーラム:徳島で、800人が参加

がんについて正確な情報に接してもらおうと「がんを知る全国フォーラムin徳島」(毎日新聞社、徳島新聞社主催、アフラック協賛)が20日、徳島市内で開かれ、約800人が参加した。

 東大付属病院准教授で緩和ケア診療部長の中川恵一さんが「がんを知る」と題して基調講演。予防と検診による早期発見の重要性を訴えた。またフリーアナウンサーで厚生労働省の「がんに関する普及啓発懇談会」委員の関谷亜矢子さんや、患者会「ガンフレンド」代表の勢井啓介さんがそれぞれ特別講演。3氏によるフリートークもあった。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん患者支援英国に学ぶ »
« 小児がん:経験者の共済保険、健康な人も加入可能に 保障充実狙い