啓発CD:乳がんで失うな!「大切な人」 「しらかわピンクリボンの会」作製 /福島

啓発CD:乳がんで失うな!「大切な人」 「しらかわピンクリボンの会」作製 /福島

◇オリジナルメッセージソング
 乳がんの早期発見の啓発活動などを行っている市民団体「しらかわピンクリボンの会」(星野雅子会長)は、オリジナルメッセージソング「大切な人」のCDを作製した。命の大切さを訴える歌詞で、メロディーは覚えやすい。同会はこの親しみやすい歌を啓発に使い、さらに活動を進めることにしている。

 同会は昨年4月に発足し、会員は100人を超えた。同6月の啓発映画の上映会の後、「オリジナルの歌があったらいい」との意見があったことをきっかけに、同市の菓子会社社長、古川雅裕さん(48)が作詞作曲し、西郷村の認定音楽療法士の石向麻里さん(29)が歌ってレコーディングした。CDは120枚コピーし、装丁も会員が手作りした。

 星野会長は「大切な人を乳がんで失うことのないよう呼び掛けるため、『大切な人』というタイトルにした」と話す。古川さんは「身近な所での活動が大事と感じた。早期発見のきっかけになればうれしい」と話している。石向さんは「明るい星野会長から勇気をもらったので、恩返しの気持ちも込めて歌った」と話した。

 希望者には1枚1200円で販売する。収入の一部は、乳がんの早期検診と治療を呼び掛ける全国的な「ピンクリボン運動」に役立てられる。問い合わせは同会(電話0248・31・7595)へ。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


中外製薬、ヘッジホッグ経路阻害の新経口抗がん剤導入 »
« 凸版印刷、がん組織の遺伝子解析向け低コストで高精度の手法開発