乳がん:早期発見を 福岡の音楽専門学校生ら、ミュージカルで訴え--きょう /福岡

乳がん:早期発見を 福岡の音楽専門学校生ら、ミュージカルで訴え--きょう /福岡

福岡スクールオブミュージック専門学校(博多区)の学生らが23日午後6時半、福岡国際会議場(同)で、乳がんの早期発見・治療の大切さを訴えるピンクリボン運動推進ミュージカル「イキル」を上演する。

 母親を乳がんで亡くした少女が、ピンクリボン運動に取り組み、母と同じダンサーを目指す姿を描いた。同校ダンス&アクターズ科の95人が出演。音響や照明など、スタッフも学生が担当する。当日は乳がん触診模型体験コーナーなども設置する。

 主役の同科2年、畑野恵里奈さん(19)は「『日本でも20人に1人が乳がんを発症する』というせりふを目にして驚いた。皆さんにも乳がんの正しい知識を持ってほしい」と話していた。入場料1000円(高校生以下無料)。問い合わせは、同校(0120・717・263)。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がんを生きる:/61 戦いを終えて/下 理想の治療施設目指す /大阪 »
« 骨肉腫と闘う:/27 後輩の友人が再発、不安募る=社会部・佐々木雅彦 /大阪