『愛と青春の旅立ち』のルイス・ゴセット・Jr、前立腺がんを克服

『愛と青春の旅立ち』のルイス・ゴセット・Jr、前立腺がんを克服

今月初めに前立腺がんであることを公表したルイス・ゴセット・Jrが、治療の結果、ガンを完全に克服したと語った。

 「とても体調がいいよ。ガンに打ち勝ったんだ。人生の一ページに過ぎなかったよ。非常に初期の段階で発見できたおかげだ。50歳以上の人はなるべく早く、頻繁に検査をすることを薦めるよ。早期発見なら確実に打ち勝てる」と、テレビ番組「グッドモーニング・アメリカ」のインタビューで語り、すべての男性に検査をし、検査の重要性を口コミで広めてほしいと語っている。

 ルイスは映画『愛と青春の旅立ち』の鬼軍曹役でアカデミー賞助演男優賞、ゴールデングローブ賞助演男優賞を獲得している。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


凸版、がん組織の遺伝子解析向けに低コスト高精度解析手法を開発 »
« がん個別化治療シンポジウムの公式メディアに=英ネイチャー〔BW〕