オリックス生命、佐賀県と重粒子線がん治療施設の普及に向け協力協定を締結

オリックス生命、佐賀県と重粒子線がん治療施設の普及に向け協力協定を締結

オリックス生命は2月17日、佐賀県が整備を進めている重粒子線がん治療施設利用の普及に向けて、同県と協力協定書を締結することを決めた。

  協定内容は、(1)がん検診の重要性の啓発など、がんの早期発見・早期治療の理解促進に向けた取り組みに関する事項、(2)鳥栖市に開設を目指す「九州国際重粒子線がん治療センター」の広報・普及に関する事項となっている。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん個別化治療シンポジウムの公式メディアに=英ネイチャー〔BW〕 »
« 鳥越さんが闘病体験語る、がん治療市民フォーラム