院内でがんサロン、3月から開始 諏訪赤十字病院

院内でがんサロン、3月から開始 諏訪赤十字病院

「地域がん診療連携拠点病院」の指定を受けている諏訪赤十字病院(諏訪市湖岸通り)は3月11日、がんサロンを院内で始める。毎月第2木曜日の午後2時から1時間、定期的に開いていく予定。患者や家族らが悩みや不安を相談し合ったり、情報交換したりする。

 「ほっとサロン」と名付けて開催。患者や家族、遺族にとって温かく(HOT)、ほっとする場所という意味で、患者ら関係者のボランティアが相談を受け、運営を中心的に担う。同病院のがん相談支援センターの職員も助言や病院側との調整などに当たる。サロンは、病院7階の入院患者や見舞いに来た人が休憩する「デイルーム」に開設する。

 参加無料で申し込み不要。問い合わせはがん相談支援センター(電話0266・57・7502)へ。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


JA共済連、がん共済などで6900万円支払い漏れ »
« がん闘病中の母に勇気!16歳・長洲、大健闘4位