塚本が骨肉腫で手術へ=事実上の引退-J1大宮

塚本が骨肉腫で手術へ=事実上の引退-J1大宮

Jリーグ1部(J1)大宮のDF塚本泰史(24)は27日、さいたま市内で記者会見し、右大腿(だいたい)骨の骨肉腫と診断されたことを明らかにした。3月に手術を受ける予定だが、事実上の引退となる。塚本は「もうサッカーはできないと言われた。信じられない気持ちでいっぱい」と語った。
 埼玉・浦和東高から駒大を経て2008年に大宮入り。J1リーグ通算27試合に出場し、2得点。昨年夏ごろから右脚に痛みを感じ始め、今年1月に検査を受けた。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


ドキュメント:元教諭、がんと闘い命の大切さ伝え続けた 福井できょう上映 /福井 »
« 検診率アップへ 3月から「がんプロジェクト」