J1大宮の塚本選手、がんを公表 右大腿骨骨肉腫

J1大宮の塚本選手、がんを公表 右大腿骨骨肉腫

 サッカーのJリーグ1部(J1)大宮アルディージャのDF塚本泰史選手(24)は27日、さいたま市内で記者会見し、右大腿骨に悪性の腫瘍が見つかったことを公表した。塚本選手は「医者からサッカーはもうできないと言われた時、頭が真っ白で夢じゃないかと思った」と涙声で話した。

 病名は「右大腿骨骨肉腫」で、3月中に手術する。手術では腫瘍のある骨を切断して人工骨を入れるため、現役続行は困難という。だが、会見に同席した同クラブの渡辺誠吾社長は「今季の契約はしており、チームの一員として戦う」と話し、選手登録からは外さないことを明言した。

 塚本選手によると、昨夏から右ひざ付近に痛みがあり、ことし1月の精密検査で腫瘍が発見された。同選手は「つらい闘病生活やリハビリが待っていると思うが、同じがんで闘う人たちに勇気を与えたい。逆にチームメートの頑張っている姿で、僕に勇気を与えてほしい」と気丈に話した。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


右足に悪性腫瘍…大宮のDF塚本、がんを公表 »
« J1大宮:塚本が骨肉腫…涙浮かべ「自分の言葉で」と告白