J1大宮:塚本が骨肉腫…涙浮かべ「自分の言葉で」と告白

J1大宮:塚本が骨肉腫…涙浮かべ「自分の言葉で」と告白

J1大宮のDF塚本泰史(たいし)=24歳=が27日、さいたま市内で記者会見し、右大腿(だいたい)骨の骨肉腫と診断されたことを自ら明かした。手術で腫瘍(しゅよう)を切除し、人工骨に置き換えることで日常生活への復帰は可能になるものの、担当医から「サッカーはもうできない」と告げられたという。3月にも手術を行う。

 塚本は埼玉・浦和東高から駒大を経て08年に大宮入り。入団時に背番号2を与えられた期待の若手サイドバックで、正確なクロスを武器に昨季はリーグ戦21試合に出場するなどJ1リーグ戦通算27試合に出場して2得点を挙げた。「自分の言葉で伝えたい」と、自らの意思で会見を開いた塚本は涙を浮かべながら、「チームのみんなには、遠くで手術やリハビリを頑張る仲間がいることを忘れないでほしい。逆にみんなの頑張る姿や最高の笑顔で、僕に勇気を与えてほしい」と語った。

 痛みは昨夏からあった。今年1月の精密検査で病状が判明し、手術を勧められた。その後は「サッカーを続けたくて、全国の病院を回った」というが、「どの先生からも『命にかかわる問題だから人工骨が最善』と言われた」ため、手術を受けることを決意した。

 大宮の渡辺誠吾代表は「背番号2、塚本泰史とともにチームは今季を戦う」と話し、契約は残したまま手術と、その後のリハビリを支援する考えを示した。張外龍監督は「ショックだが、オレはチームに帰ってくることを信じる」と語った。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


J1大宮の塚本選手、がんを公表 右大腿骨骨肉腫 »
« 大宮のDF塚本が骨肉腫、現役続行は困難