大宮のDF塚本が骨肉腫、現役続行は困難

大宮のDF塚本が骨肉腫、現役続行は困難

サッカーJ1大宮のDF塚本泰史(24)が27日、記者会見し、右大腿(だいたい)骨の骨肉腫と診断されたことを明らかにした。

 3月に腫瘍(しゅよう)を切除し、人工骨で補う手術を受ける。現役続行は困難だが、クラブは今季の契約解除はしないとしている。

 塚本によると、昨年夏ぐらいから右ひざに痛みを感じており、今年1月初旬のMRI検査で腫瘍が見つかった。プレーを続ける方法を探ったものの、最終的に手術を受ける決意をしたという。塚本は「つらい闘病生活とリハビリが待っていると思うが、同じ病気やがんの人たちに少しでも勇気を与えたい」と語った。

 塚本は、駒大から2008年に大宮入り。昨年は、精度の高いクロスやFKを武器に右サイドバックの定位置をつかんで活躍。リーグ戦21試合に出場した。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


J1大宮:塚本が骨肉腫…涙浮かべ「自分の言葉で」と告白 »
« 子宮頸がんや乳がん検診を 安芸高田で3月に啓発講座