がん予防の大切さ訴えるフォーラム、仁科亜季子さんの講演も/横浜

がん予防の大切さ訴えるフォーラム、仁科亜季子さんの講演も/横浜

がん予防や検診の普及を進めるフォーラム「がんを知る全国フォーラムin神奈川」が27日、横浜市中区住吉町の関内ホールで開かれた。子宮頸(けい)がんを克服した女優の仁科亜季子さんらが講師に招かれ、予防の重要性などをテーマにした講演に市民ら約700人が耳を傾けた。神奈川新聞社、毎日新聞社、県の主催。

 仁科さんは自らのがん治療体験を交えながら「家族や友人の女性に検診を受けるよう勧めてほしい。普通の生活ができることに感謝を」と話した。

 また、NPO法人「がん患者団体支援機構」の三浦秀昭副理事長は、寄付を通じて検診受診率の向上や専門医育成などを進める活動「リレー・フォー・ライフ」を紹介。東大病院放射線科の中川恵一准教授は、「がんにかかるかどうかは生活習慣が大きく影響している」と説明した。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


子宮頸がんや乳がん検診を 安芸高田で3月に啓発講座 »
« チーム医療に理解深め 高岡でがん公開講座