子宮頸がん予防接種を補助

子宮頸がん予防接種を補助

島根県邑南町は新年度から、子宮頸(けい)がんを予防するワクチン接種の費用を、町単独事業として全額補助する。中学生が対象で、一般会計当初予算案に事業費198万円を盛り込む方針。県内の自治体では初の試みという。

 性交渉によるウイルス感染が原因の子宮頸がんは、若い女性を中心に患者が急増。10代前半で6カ月間に3回接種すれば予防効果が長続きするという。接種費用が3回で計4万円(町内の公立邑智病院)と高額なため、町が子育て支援の一環で無料化に踏み切る。

 接種は任意で、初年度は町内の中1と中3が対象。予算は半数の接種が前提で、希望者が多ければ補正予算で対応する方針。町保健課は「子宮頸がんは防げる病気。医師らによる十分な啓発の後にワクチン接種を始めたい」としている。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


患者塾:医療の疑問にやさしく答える 女性のがん/上 子宮頸がん /福岡 »
« 日立、名古屋市の陽子線がん治療施設の着工について