がんチャリティーコンサート:親族亡くした中高生ら演奏 28日京都・中京区 /大阪

がんチャリティーコンサート:親族亡くした中高生ら演奏 28日京都・中京区 /大阪

◇患者や遺族励まそう
 がんで家族を失ったり、闘病中の親族がいる中高生が、がんと闘う患者や遺族らを励まそうと、28日、京都市中京区のウィングス京都で開かれるチャリティーコンサートに出演する。がんで亡くなったアメリカの作曲家、ウィリアム・ギロック(1917~93)の曲を中心に、ピアノとオルガンで15曲を演奏。卵巣がん体験者による講演もある。

 「心のバリアフリーチャリティーコンサート」(リレー・フォー・ライフ関西実行委員会主催)。出演は、いずれも小山音楽教室(同市北区、指導・竹内香さん)の門下生で、高校1年の竹内ふみさん(16)と妹で中学3年のまゆさん(14)、同2年の藤田今日菜さん(14)、同1年の丸野皓平君(13)。竹内さん姉妹と藤田さんはがんで祖父を失い、丸野君は、祖父が闘病中という。

 藤田さんは、アニメ「ハウルの動く城」の主題歌「世界の約束」を演奏。祖父の亡きがらを前に弾いて聴かせた、思い入れの深い一曲だ。藤田さんは「おじいちゃんは、私の成長やピアノの上達を楽しみにしてくれていた。天国に届くよう心を込めて弾きたい」。丸野君は「治療で髪が抜け、つらそうなおじいちゃんの姿を見てきた。自分の演奏でお客さんに勇気を与えられたら」と話している。

 午後1時開演、無料。申し込みは050・3786・2007。当日会場で支援金を募り、抗がん剤治療中の患者に帽子や手袋を贈る他、がん撲滅のためのイベント「リレー・フォー・ライフ」の開催資金に充てる。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


骨肉腫と闘う:/28 治療大詰め、杖なしで歩く訓練も=社会部・佐々木雅彦 /大阪 »
« がんを生きる:/62 ICU症候群/上 「帰って」面会の両親拒否 /大阪