仁科亜季子が告白「いまだがんの後遺症」

仁科亜季子が告白「いまだがんの後遺症」

女優仁科亜季子(56)が2日、都内で行われた「子宮頸(けい)がん予防ワクチン接種の公費助成推進実行委員会」設立会見に出席した。

 仁科は発起人の1人。91年に子宮がんと診断され、克服した経験を持つ。「いまだにさまざまな後遺症に悩んでいます」と告白。「一生、大きな傷を残すものだから、もっと予防医学に目を向けてほしい。その一歩として公費助成を達成できれば」とPRした。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


仁科亜季子、子宮頸がん予防ワクチンの重要性訴える »
« アステラス、がん領域強化で米社にTOB