仁科亜季子、子宮頸がん予防を多くの女性に

仁科亜季子、子宮頸がん予防を多くの女性に

91年に子宮頸がんを患った女優、仁科亜季子(56)が2日、都内で行われた「子宮頸がん予防ワクチン接種の公費助成推進実行委員会」の設立記者会に発起人の1人として出席。日本では計3回の接種に約5万円かかることから認知度が低く、「1人でも多くの女性に接種してほしい。娘(タレントの仁科仁美=25)にも受けさせます」。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん放射線治療 質にばらつき »
« 子宮頸がん:予防ワクチン接種の公費助成、仁科亜季子さん訴え