子宮頸がん予防接種を全額補助へ

子宮頸がん予防接種を全額補助へ

ウイルス感染でできる子宮頸(けい)がんの予防接種について、湯沢町は2日までに、希望する10代前半の女子を対象に、2010年度から全額補助する方針を決めた。同様の助成を実施すると表明した自治体は、魚沼市、南魚沼市に次いで県内3例目。

 同町健康福祉課によると、ワクチン3回分(4万2千円)を1学年(35人)に接種すると想定。

 諸経費などを含めた150万円を10年度当初予算案に計上し、町議会3月定例会に上程する。

 接種対象者は新中学1年を軸に検討し、町保健医療センターで今夏にも実施する方針。接種対象者親子の講習会も計画している。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


大腸がんの疑問解決 NPO法人が浜松に『情報局』立ち上げ »
« がんの先進的治療法 重粒子線照射、群大で