舌がん乗り越え、歌声再び 伊賀の86歳、復帰公演へ

舌がん乗り越え、歌声再び 伊賀の86歳、復帰公演へ

昨年1月、舌がんの手術をした三重県伊賀市上野農人町の声楽家、前川圓(えん)さん(86)が16日、手術後初となるコンサートの舞台に立つ。舌の4分の3を切除し「もう音楽は無理」とあきらめていたが、大好きな歌を歌うために勇気を奮い立たせて現役復帰。「生きることに感謝して歌いたい」と話している。

 前川さんは30年間、同市内の小中学校で音楽教諭を務め、自ら結成した女声合唱団「コーラスまどか」で指導者として活躍した。2008年12月、舌がんが見つかった。医師から「声が残るか、食事が食べられるか、どちらかになるかもしれない」と告げられ、ふさぎ込んだ。

 09年1月、名古屋市の愛知県がんセンターで舌の4分の3を切り、腹筋を移植する8時間半の大手術をした。2週間後の発声テストで「あっ、あっ」と声が出た。「喜びとともに生きる勇気がわいてきた」。食事も流動食を食べられるまで回復し、周囲を驚かせた。

 しかし、舌が自由に動かないため、ラ行は出ない。いったんは人前で歌うことをあきらめたが、教え子の励ましもあり、年明けから自宅で練習を始めた。伸びやかで張りのあるソプラノを歌う体力を取り戻すため毎日5000歩を歩き、「もう一度感情を込めて歌いたい」と自らを奮い立たせた。

 復帰コンサートは16日午後零時15分から、伊賀市の県伊賀庁舎ロビーで開かれる。コンサート後は老人施設への慰問も再開させるつもりだ。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


末期がん入院患者の現金引き出す 窃盗容疑で看護助手を逮捕 神奈川県警 »
« 第24回日本がん看護学会学術集会・市民公開講座