都市部で乳腺癌の死亡率が7年で39%増加

都市部で乳腺癌の死亡率が7年で39%増加

中国人口協会が発表した‘中国乳腺疾病調査報告’によると、毎年乳腺疾病の検査を行う女性はわずか5%で、2003~2009年の7年間で都市部の乳腺癌患者の死亡率は38.9%に増加し、乳腺癌は女性の健康を脅かす最大の疾病の一つとなっている。調査によると、中国都市部の乳腺癌発症率は女性の腫瘍発症率の第一位を占めている。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がんの講演会:ピーコさんら、横浜で13日 /神奈川 »
« さくら市議会一般質問初日 子宮頸がんワクチン接種事業着手へ