がん患者取り違え前立腺摘出 東北大病院で医療ミス

がん患者取り違え前立腺摘出 東北大病院で医療ミス

東北大病院(仙台市)は4日、検査結果の取り違えから2007年12月に前立腺がんではない宮城県内の70代男性から前立腺を手術で全摘出する医療ミスがあったと発表した。がんが見つかっていた別の同県の50代男性は2年半放置され、ミス発覚後に全摘出手術を受けた。

 病院は男性2人に謝罪した。これまで2人に特段の合併症や異常はないとしている。

 東北大病院によると、男性2人は07年6月28日、前立腺がんの疑いがあるとして組織を検査。50代男性はがんと判明し、70代男性はがんではないと確認されたが、病理部医師が検査結果を記す報告書に取り違えて記入。70代男性は07年12月、摘出手術を受けた。

 この男性から摘出した組織の病理診断報告が未提出だったため09年12月にあらためて調べると、男性の組織からがん細胞は確認されず、取り違えが発覚した。

 里見進病院長は「再発防止と医療への信頼回復に一層の努力を重ねる」とコメント。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


癌患者を支援しよう! セカンドライフでチャリティイベント「ClothingFair2010」開催 »
« 女性特有がん検診クーポン・利用が低迷