がん患者取り違え手術=前立腺摘出、2年半後発覚-東北大

がん患者取り違え手術=前立腺摘出、2年半後発覚-東北大

東北大病院(仙台市)は4日、患者2人の検査報告書を取り違え、がんではない70代男性患者に前立腺の全摘出手術を行っていたと発表した。ミスに気付くまで2年半、前立腺がんの50代男性患者の治療も行われなかった。病院側は医療事故と認め、患者2人に謝罪した。
 同病院によると、2007年6月、2人は同じ日に前立腺の組織検査を受け、50代男性は前立腺がん、70代男性はがんではないと診断された。しかし、病理診断医が2人の検査結果を取り違えて検査報告書を作成したという。
 70代男性は同年12月、前立腺の全摘出手術を受けた。摘出組織の病理診断も大幅に遅れるミスが重なり、09年12月にようやく実施。検査報告書の取り違えが発覚した。
 同病院はその後、50代患者に前立腺手術を実施した。2人の経過は良好で、すでに退院した

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


J1大宮:闘病支援基金を設立…骨肉腫と診断の塚本支える »
« 東北大病院:がん患者取り違え手術 別人の前立腺全摘