がん患者を取り違え 東北大病院

がん患者を取り違え 東北大病院

東北大病院(仙台市)は4日、患者の検査結果を誤ってパソコン入力したため、前立腺がんの男性患者と取り違え、前立腺肥大の患者を手術する医療ミスがあったと発表した。2人の患者の経過に異常はないという。

 病院によると、2007年6月、前立腺がんの疑いのある50代と70代の男性患者2人を検査。50代の患者はがんと診断されたが、病理診断医が2人の結果を取り違えて入力し、点検する別の診断医もミスを見落とした。

 泌尿器科は07年12月、誤った検査結果に基づき、前立腺肥大で入院中だった70代の患者に、前立腺を全摘出するがんの手術を実施。担当医が09年12月、術後の患部の状態を示す数値の異変に気付き、ミスが判明した。

 前立腺肥大の治療には投薬や前立腺摘出がある。東北大病院は、手術された患者は前立腺肥大が悪化して排尿障害があり、摘出の可能性もあったとしている。

 一方、前立腺がんが確認された50代の男性患者は、誤った検査結果により「病気なし」とされ、ミス発覚後の今年1月になって前立腺がんの手術を受けた。病院は「手術が約2年半遅れたが、がんは進行しておらず、手術可能な範囲だった。現時点でがんの転移も見られない」と説明している。

 東北大病院は従来、患者名と検査番号を目視で照合していたが、二つが異なるとパソコン入力できないよう改善した。今後、外部の専門家を含めた調査委員会で原因を究明する。病院は「あってはならないことで、再発防止に努める」と謝罪した

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん患者取り違え 東北大病院でミス »
« 医療ミス:がん患者取り違え手術 東北大病院、70代の前立腺全摘