エーザイ株が1年超ぶり高値、がん領域の構築は着々-減益想定せず

エーザイ株が1年超ぶり高値、がん領域の構築は着々-減益想定せず

3月5日(ブルームバーグ):医薬品国内4位のエーザイ株が一時、前日比2%高の3525円と反発。2009年1月9日以来、約1年2カ月ぶりの高値を付けた。中期経営計画の目標数値が4日に下方修正されたが、がん領域を成長の柱とする戦略は着実に進展しているため、アナリストなどの評価を受けた。

  エーザイCEO(最高経営責任者)の内藤晴夫氏は4日夕の記者懇談会で、「何としてもオンコロジー(がん領域)に本格進出したいとの強い企業の強い意志を、戦略的なアクイジション(企業買収)とレバレッジで実現できた」と述べ、2006年度-11年度の5カ年中期経営計画は成功裏に進んでいる、と胸を張った。

  同社は、中計期間中にライガンド、モルフォテック、MGIの米医薬品企業を相次ぎ買収、1987年以降の自社研究の成果も加わり、がん領域で1000億円の売り上げを計上できる規模を確保した。現状は連結売上高の約10%に過ぎないが、内藤社長は開発中の新薬の状況などを勘案、「2013年度に2000億円、連結売上高の23%を目指す」と言う。

  野村証券の漆原良一シニアアナリストは4日付の投資家リポートで、「がんに注力する事業構造への転換はうまく進んでおり、アリセプト(同社の主力製品で認知症治療薬)の特許切れを抗がん剤などで補完でき、減益局面を想定していない経営姿勢は評価すべき」と指摘、投資判断「1(買い)」と目標株価4300円を継続した。

  業界トップの武田薬品工業や同2位のアステラス製薬が主力薬の特許切れで利益成長が見込みにくいのに対し、エーザイは利益創出にこだわっている点を漆原氏は評価、「大手の中計が出そろった段階で、エーザイの中計は評価される」との認識を示した。

  会社側が4日に公表した11年度(2012年3月期)の連結業績目標値は、売上高が8100億円(従来は1兆円)、営業利益が1050億円(同2000億円)。為替前提を1ドル=110円から90円に変更したことで730億円の減収となる上、中計策定時には想定していなかったMGI買収でのれんの償却280億円が利益を下押しする。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


子宮頸がん予防を 仁科亜季子さん訴え »
« 子どもホスピス:NPO代表・甲斐さん奔走 神奈川に再来年開設