小野ヤスシ、悪性腫瘍で右腎臓全摘手術していた

小野ヤスシ、悪性腫瘍で右腎臓全摘手術していた

タレント・小野ヤスシ(70)の「芸能生活50周年をそれとなく祝う会」が5日、東京・グランドプリンスホテル赤坂で開催され、小野が今年1月、右の腎臓を全摘出する手術をしたことを明かした。

 昨年11月、区の無料検診で血尿が出たことから精密検査を行ったところ、悪性の腎盂腫瘍(じんうしゅよう)が判明。1月12日に都内の病院に入院、14日に右側の腎臓を全摘出した。そのまま放置していたら生命の危機にかかわる大病だったが、転移はなく2月14日に退院した。

 小野は「12時間の大手術でした。がんといってもいい。今日は頑張って3時間立ちっぱなしです。おなかを40センチ切っています。冗談を言われて笑うと痛いんです」と笑顔を交え語った。隣で加藤茶は「(小野さんの)おしっこの時間がものすごく長かった」と前兆があったと明かし「手術成功のメールが入って泣きそうになった」と語った。左とん平も「(小野さんが)検査好きで良かった」と回復を喜んだ。

 小林桂樹や里見浩太朗、小柳ルミ子ら芸能界・スポーツ界から約700人が参加した会の発起人には元横綱・朝青龍も名を連ねていたが来場せず。小野は「1曲歌うと良かったんですけど」と残念がった。また石田純一と義父の東尾修氏も出席した。

 ◆おもな出席者 小林桂樹、里見浩太朗、左とん平、平尾昌晃、ミッキー・カーチス、山下敬二郎、加藤茶、小柳ルミ子、松崎しげる、林家ペー、湯川れい子、梅宮辰夫、堺正章、西岡徳馬、毒蝮三太夫、青空球児・好児、石田純一、松山千春、東尾修、山本浩二、中野浩一(敬称略、順不同)

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


小野ヤスシ、がんだった…1月右腎臓全摘出 »
« 大宮が口座開設…骨肉腫の塚本を支援へ