エーザイ、年内にがん分野参入・リンパ腫薬発売

エーザイ、年内にがん分野参入・リンパ腫薬発売

エーザイの内藤晴夫社長は4日に開いた記者懇談会で、日本で年内にもがん分野に参入する方針を明らかにした。新薬の低悪性度リンパ腫治療薬「ベンダムスチン」を発売するほか、同薬投入に向けて抗がん剤の後発医薬品も品揃えし、新薬・後発薬と幅広くがん事業を展開する。主力の抗認知症薬「アリセプト」の特許切れが迫る同社では、成長市場であるがん分野で事業育成を急ぐ。ベンダムスチンはシンバイオ製薬からの導入品で、現在申請中だ。内藤社長は「今年の中盤にも発売する予定」としており、同社の国内事業ではがん分野で初の新薬となる。また同分野では、注射剤の抗がん剤を対象に後発薬も製品構成に加える。がん専門ではなく一般MR(医薬情報担当者)が、ベンダムスチンとあわせて情報提供する計画だ。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


腎細胞癌(RCC)治療薬市場の売上は2015年には65億米ドルに »
« 若年層で増える子宮頸がん、早期検診の必要性訴え