若年層で増える子宮頸がん、早期検診の必要性訴え

若年層で増える子宮頸がん、早期検診の必要性訴え

若年層を中心に増えている子宮頸(けい)がんの予防を考える市民公開講座が7日、広島市中区のホテルであった。広島大大学院医歯薬学総合研究科の専門医が解説し、市民150人が参加した。

 同大や広島県などが主催した。藤原久也准教授は「県内では検診率が低い。発見が遅れると子宮摘出にもなりかねない」と早期検診の必要性を強調した。

 工藤美樹教授は、日本でも予防ワクチンが昨年に承認されたことを紹介し「外国ではワクチン接種に補助している例が多い。日本でも公的支援が必要だ」と訴えた。

 佐伯区のパート女性(42)は「高校生の長女にも予防接種を受けさせたい」と話していた。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


エーザイ、年内にがん分野参入・リンパ腫薬発売 »
« 「がん」支え合おう/患者交流の場、広がる