「がん治る」など虚偽表現、健康食品320業者に指導

「がん治る」など虚偽表現、健康食品320業者に指導

消費者庁は8日、健康食品を「がんや糖尿病が治る」などと不適切な表現で販売していたインターネット上の320事業者に対し、改善するよう指導したと発表した。健康増進法に基づく措置で、指導に続く勧告と命令に従わないと、100万円以下の罰金などの刑事罰が科される。

 同庁によると、これらの事業者は各サイトで「がんや糖尿病の治癒例が多数報告されている」といったウソや大げさな表現を計547カ所で使っていたという。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん公表の岩野市議が「復帰」、健診や検査の重要性訴え/三浦 »
« 大塚 既存キットで骨髄異形成症候群の診断も 国内で追加申請