歌手ドミンゴ氏の手術成功 大腸がん摘出、4月復帰へ

歌手ドミンゴ氏の手術成功 大腸がん摘出、4月復帰へ

2月に激しい腹痛に見舞われ、すべての公演をキャンセルした三大テノールの一人、プラシド・ドミンゴ氏(69)の広報担当者は8日、米ニューヨークの病院で先週、ドミンゴ氏の手術が行われ、成功したことを明らかにした。大腸に悪性のがんがあったが、無事摘出したという。AP通信などが伝えた。

 広報担当者によると、ドミンゴ氏は今月7日に退院したが、しばらくは療養し、4月16日のミラノのスカラ座公演から復帰する予定という。

 ドミンゴ氏は2月の東京公演中に激しい腹痛を訴えた。ニューヨークで医師の診察を受け手術が決まった。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


大腸がんの手術成功=三大テノールのドミンゴさん »
« 【癌治療】3つの“苦痛”が患者・家族を苛む‐日本医療政策機構が「癌患者意識調査」