海老名香葉子さん 乳がん手術していた

海老名香葉子さん 乳がん手術していた

落語家の初代林家三平さんの妻、海老名香葉子さん(76)が9日、東京・上野公園で行われた東京大空襲(1945年3月10日)の追悼集会で、乳がんの手術をしていたことを公表した。

 次男の二代目林家三平(39)の襲名披露興行がほぼ終了した昨年6月、体にだるさを感じて都内の病院で検査。左胸にしこりが見つかり「乳がん」と診断された。5日間入院で切除。入院中は、次女で歌手の泰葉(49)が付き添ったという。退院後は80日間にわたり放射線治療。現在も投薬治療中で「副作用は少しありますが、ごはんもたくさん食べてますし元気です」と話した。

 がんを告知された直後は、家族や弟子たちが動揺したというが、香葉子さんは「早期発見だったので、私は大丈夫でしたけど」と冷静に受け止めていたという。

 闘病で長男の林家正蔵(47)ら子供たちの意外な優しさにも気づいたといい「この前なんか天ぷらそばごちそうしてくれたりね」と笑った。

 この日の追悼集会は05年に自ら企画し、6年目。「いつどうなるか分かりませんが、あと10年は続けたい。気力で乗り切ります」と話した。

 ◆海老名 香葉子(えびな・かよこ)1933年(昭8)10月6日、東京都出身の76歳。52年に落語家の初代林家三平さんと結婚。80年に三平さんが54歳で死去した後は一門のマネジメント会社「ねぎし事務所」を運営。現在は代表取締役。「うしろの正面だあれ」(金の星社)など著書も多数。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


海老名香葉子さん、昨年6月に乳がん手術 »
« 「がん診療部」新設 県立中央病院 来月 一体的に治療とケア