「がん診療部」新設 県立中央病院 来月 一体的に治療とケア 

「がん診療部」新設 県立中央病院 来月 一体的に治療とケア 

山梨県立中央病院は4月、がん診療部を新設する。医師や看護師、技師が診療部に集まり、診療部長が中心となって患者の治療方針について協議、最適な治療法を探る。また、化学療法や緩和ケア部門も診療部の中に位置付け、一体的にがん患者の治療、ケアに当たる考えだ。
 県立病院経営企画室によると、同病院は4月に独立行政法人化するのに合わせて、がん患者の治療法の決定に、各診療科の医師や看護師、放射線技師、薬剤師がかかわる「キャンサーボード」を本格的に導入。がんの進行段階など患者の状態に応じ、手術や放射線治療、化学療法、投薬の中から最適な治療法を決定する。
 このほか、診療部には緩和ケア、化学療法、放射線治療の3部門を置き、外来専門で化学治療を行う「外来化学療法室」も新設。外来化学療法室には専任の医師や看護師、薬剤師らを配置し、「入院せずに投薬治療を受けたい」という患者のニーズに応える。
 また、医師や看護師、薬剤師、臨床心理士らによる緩和医療チームも診療部内に設置。末期患者だけでなく、初期段階の患者の精神的なケアにも当たる。
 県立病院経営企画室は「がん患者一人一人の状態に応じて治療方針を決める“オーダーメード治療”が求められているが、医師や一診療科だけでは対応が困難。がん診療部の新設で、より最適な治療を選択できる体制を整えたい」としている。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


海老名香葉子さん 乳がん手術していた »
« アミノ酸量測りがんを早期発見 味の素が実用化へ