がん患者19団体に助成金…正力厚生会

がん患者19団体に助成金…正力厚生会

公益財団法人正力厚生会(辻哲夫理事長)が公募した2010年度がん患者団体助成事業の助成金交付先が10日、決まった。

 患者会やサポートグループなど33団体から応募があり、専門委員会が企画力や貢献度などの観点から19団体を選考した。1団体に上限50万円を贈る。助成先は以下の通り。

 ▽サードプロジェクト(北海道)▽大館地区がん患者友の会(秋田)

 ▽千葉県がん患者団体連絡協議会(千葉)▽あけぼの千葉(同)

 ▽ライフボート(東京)▽がん哲学外来(同)

 ▽すくすく網膜芽細胞腫の子どもを持つ家族の会(神奈川)▽Hope Tree(同)

 ▽健康サポートプラス(新潟)▽ホスピス研究会OKAZAKI(愛知)

 ▽がん患者生活サポートLOMO(同)▽わかば会(同)

 ▽大阪がん医療の向上をめざす会(大阪)▽ブーケ(兵庫)

 ▽周南いのちを考える会(山口)▽愛媛がんサポートおれんじの会(愛媛)

 ▽ファイナルステージを考える会(福岡)▽リンパ浮腫セルフケア講習会実行委員会(同)

 ▽がんサポートかごしま(鹿児島)

 【専門委員】委員長・竜崇正(前千葉県がんセンター長)内富庸介(国立がんセンター東病院精神腫瘍学開発部長)岸本葉子(エッセイスト)埴岡健一(東大特任准教授)和田ちひろ(いいなステーション代表)柘植雅俊(読売新聞東京本社常務取締役総務局長)田中秀一(読売新聞東京本社医療情報部長)

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


「がん医療のトータルケア、巻き返しが必要」 »
« 長野日赤に放射線治療装置導入 がん治療センター竣工式