大宮がん手術塚本に連勝届けられず/J1

大宮がん手術塚本に連勝届けられず/J1

<J1:仙台3-1大宮>◇第2節◇13日◇ユアスタ

 大宮は骨肉腫の手術を終えたDF塚本泰史(24)に開幕連勝をささげられなかった。見せ場は0-1の前半40分、ゴールエリア右で得た22メートルの直接FK。MF橋本が軽く蹴って相手マークを外し、DFマトがライナーで豪快に決めた。だが、その後に2失点し「1節天下」で首位陥落。張監督は「仙台は攻守の切り替えが早くアグレッシブだった。持ち味のサイド攻撃を押さえ込まれた」と肩を落とした。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


大府のがん治療施設、また延期 民間業者、資金難で »
« ネットでがん治療病院連携 漏えい防止へ体制見直しも ちばIT活用戦略案